한국어의 공부 초급(韓国語の勉強初級)

2007.05.29

韓国語Lesson9(発音の変化)その1

ハングルは 特定の音が続くと 文字とは異なって発音されることがあります。

●有声音化
」「」「」「」は語頭では
[k] [t] [p] [tS]と発音されますが、母音にはさまれたり、
前に「」 「」 「」 「」があれば
[g] [d] [f] [dZ]と発音されます。

①가게(店) ②아주(とても) ③주부(主婦) ④바다(海)
⑤미국(アメリカ) ⑥시장(市場) ⑦아버지(父) ⑧누구(誰)


●連音化
パッチムの後にが来ると、パッチムの音がに移ります。またパッチムに文字が二つある場合は、二つとも発音します。
例)                    実際の発音
단어(単語)         →    다더
한국인(韓国人)   →    한구긴
젊은이(若者)      →    절므니

①금액(金額)  ②한일(韓日)  ③입원(入院)  ④실업(失業)
⑤불안(不安)  ⑥신인(新人)  ⑦백인(白人)  ⑧독일(ドイツ)


●舌側音化
パッチムと次に続く後の子音が「」と「」あるいは「」と「」となったらどちらも「」になります。

パッチム

           ⇒    


例)                    実際の発音
연락(連絡)    →    열락
논리(論理)     →    놀리
설날(お正月) →    설랄
실내(室内)     →    실래

①신라(新羅)  ②권리(権利)  ③관람(観覧)  ④인류(人類)
⑤칼날(刃)  ⑥편리(便利)⑦  시뢰(信頼)  ⑧난로(ストーブ)

| | コメント (2)