« びっくり!? | トップページ | 12月ですね »

2009.11.29

特定疾患治療研究事業

10月末の内分泌の診察の時に
先生が「医療費、どれくらいかかってる?10月から医療費助成の対象になったようですよ。」って言われて
「そんなにかかってないですよ。」って答え、話は、それで終わったのですが、

その後、気になって、
ネットで色々と調べました。


厚生労働省
『特定疾患治療研究事業の対象疾患の拡大について』
こちら

10月に特定疾患治療研究事業の対象に11疾患が追加されました。

その中に私が治療中の
間脳下垂体機能障害
PRL分泌異常症、ゴナドトロピン分泌異常症、ADH分泌異常症、下垂体性TSH分泌異常症、クッシング病、先端巨大症、下垂体機能低下症)
が含まれています。

莫大な治療費を払っているイメージがなかったのですが、
2ヶ月に1度の血液検査と薬で4~5千円
ここに年に1度のMRIも入ってくると
年間にすると結構な金額になります。

今、婦人科と消化器もかかってるから
こっちの方が治療費が多くかかってるので

少しでも負担が減ればと思います。

毎年の更新になるからちょっと面倒ですが…
これも仕方がありませんね。

去年だったらな~って思ってしまいました。
(検査や入院が多くあったからcoldsweats01

club特定疾患治療研究事業とは
「原因不明、治療方法未確立であり、かつ後遺症を残すおそれが少なくない疾病」として調査研究を進めている疾患のうち、診断基準が一応確立し、かつ難治度、重症度が高く患者数が比較的少ないため、公費負担の方法をとらないと原因の究明、治療方法の開発等に困難をきたすおそれのある疾患を対象としています。具体的には、厚生労働省健康局長の私的諮問機関である特定疾患対策懇談会の意見をもとに決定されます。

本事業は、昭和47年度にベーチェット病などの4疾患を対象に発足し、それ以降対象疾患は徐々に拡大され、平成21年現在、56疾患となっています。

こうやって考えてみると
私の病気は、大変なもんなんだな~って、実感します。

腫瘍を摘出してもまた再発する可能性もあるし…


ここ最近、「やばいかも…」って思ったりします。

生理不順になりそうで…

疲れると頭痛がひどくなるし…

これが年齢のせいか病気のせいかどっちかわからなくてcoldsweats01

次、先生ときちんと話をしないといけないですね。




|

« びっくり!? | トップページ | 12月ですね »

하수체선종(下垂体腺腫)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« びっくり!? | トップページ | 12月ですね »