« 告知せず… | トップページ | 頼んでいたものが、届いた。 »

2008.11.16

私の病名は・・・

検査入院した結果が『糖尿病』だと思われておられる方もいらっしゃるかもしれませんが、『糖尿病』は、おまけです。


私の病名は
『プロラクチノーマ(プロラクチン産生下垂体腫瘍)です。

私の身体は、ホルモン分泌の異常が起こっている状態です。
ホルモンって元気のもとらしい…
詳しくはこちら

色々と調べてみると難病(特定疾患)の部類に入るみたい…
こちら

ホルモン異常って、痛くもかゆくもないから、
いまいち、ピーンとこない…


医療関係者から言わせると、治療中断するなんてあり得ないらしい…
妹(看護師)が働いている職場では、
みんなが笑っていたらしいですsweat02

腫瘍の大きさが1cm以下というのもあり、リスクを考えると、
今回は、オペではなく、内服治療っていうことになりました。

オペをしても薬を飲んでも完治するという保証がないので、死ぬまで治療続けないといけない…
という、やっかいな病気ですが、それは、仕方がないということで諦めるしかないですね。



もしかすると、地下鉄サリン事件の頃からこの病気になっていたかもしれません。
生理不順になって、近くの総合病院の産婦人科を受診…
先生の説明がよくわからなくて、薬をもらったけど、副作用に耐え切れず止めました。

この時、飲んでいた薬が負荷試験で飲んだ薬でした。

病名がはっきりとわかったのが2003年春頃…
母が死んでからストレスがかかる生活をしていたので、徐々に生理回数が減り、最後は、生理が来なくなってしまいました。
結婚していないし、子供がすぐ欲しいとかもないし…ってあんまり気にはしてなかったんです。

でも、このまま、放置しているのは、さすがにやばい… と思いました。

近くの婦人科で血液検査をして、
結果を見た先生が「すぐに紹介状書くから脳神経外科に行って来て~」と言われ、
すぐにCTとMRIを撮りました。

次の診察の時に画像を持って行った時にきちんと先生が説明してくれました。
「プロラクチンが高くて、脳下垂体に腫瘍があります。」って…
先生は、ストレスからきてると思ったのか
「仕事辞めなさい…」って言うのですが、
私は、辞めると生活が出来ないから「無理です。」って言いました。
辞めると逆にストレスが溜まってしまう…

腫瘍も大きいものでは、なかったので内服治療で行くことになり、半年くらい薬を飲み続けました。

すぐに効果が出て、プロラクチンの値も下がり、生理も正常になり、薬を止め、
しばらく様子見ましょうってことになり、そのままほったらかしにしてましたsweat02

この時は、この病気の重大さがよくわかっていなくて、生理も毎月来るようになったから大丈夫って、自己判断してしまっていたんです。

結婚して、妊娠しなかったら、また検査すればいいか…って。

この頃、ビョンホンさんのファンになって、
日々、忙しく過ごし、ストレスも感じなくなってきて、精神的に落ち着いていたから、すっかり忘れていたってのもありますね。


なぜ、今回、血液検査をしたのか?

春の健康診断の時に保健師さんが「再検査をした方がいいですよ。」って言ってくれたのと、
夏に友達が同じ病名で私より大変な症状であるのを知ったからです。

生理はきちんと来ていたけれど、ストレスが溜まってるな~って思ったり、ちょっと、普段と違うような気がするって思ったんです。

ちょうど、阪大から内分泌の先生が来ていたのもあり、
会社のクリニックで血液検査をお願いしました。

この検査は、一般の検査では、わからないため、先生がちゃんと必要項目を選んでくれないといけなくて…
Mallow08111601























私は、「最近、やばいかも…」って思っていたので、検査結果は予想出来ました。

でも、先生と看護師さんは、暗い表情でした。
看護師さんから「『紹介状』を書いてもらうから、阪大に行って~」って言われました。
お盆前だったし、すぐに予約が入らなくて、9月に行くことになりました。
詳しくは、こちら を読んでいただけるとわかります。

まさか、入院なんて言われるなんて思ってもみなかったのですが、
検査の内容によっては、通院だけでは無理なようで…
1日中、尿を貯めたり、採血したりすると、通院では、無理だな~って思いました。

婦人科では、今回のようにきちんと検査はしてくれませんでした。
薬を飲むかオペをするか… のどちらかを選ぶという結果だけだったと思います。

3度目の病院で、ここまで、検査が出来たことは、良かったと思います。
普通ここまでの検査は出来ないと思います。

こうやって、治療をしていくことで、他の病気のフォローもしてもらえるので、良かったかな~って思います。


今回の検査入院で、私の寿命が延びたと思います。
会社で血液検査せずに放って置いたら、
母親と同じ歳くらいで死んでしまっていたかもしれない。

それはそれで仕方がないと思うのですが、
神様が長生きしろ…って言っているんだろうと思います。
私には、まだまだやるべきこと(人のため、自分のため)がいっぱいあるんだと思います。


今度は、治療中断しないようにしないと…sweat02


入院はしましたが、私はとても元気です。
元気で入院しているから、なんか変な感じです。

あんまり、心配しないで下さいね。

|

« 告知せず… | トップページ | 頼んでいたものが、届いた。 »

하수체선종(下垂体腺腫)」カテゴリの記事

コメント

mallowちゃん、あんにょんはせよ~!
今回の検査入院を思い切ってやって、本当に良かったですね。
寿命を延ばした・・・って実感、良くわかります。
そう、自分自身のために、大切な誰かのために、病気とうまく付き合いながら、一日でも長く充実した人生を送りたいですね。
お互いに頑張りましょうね(o⌒∇⌒o)

投稿: NADESIKO | 2008.11.16 21:23

mallowさん、大変だったのですね。
思わず私も体調悪かった時に血液検査をしたので見て見ました。
やっぱり検査項目が違うのでプロラクチンは出て来なかったです。
体調がちょっと悪くて他に何も悪いところがないと確かに病院から遠のきますね。
特定疾患の病気って、やっぱり大変ですよ。
自分のいる都道府県の府庁や県庁で審査されている病気です。
保健所で管轄していると思います。
無理しちゃダメだよぉ。

投稿: エコ | 2008.11.16 21:38

そっか~~
って 改めて 病名確認して(長い名前やぁ)

下垂体腫瘍って 
mallowちゃん の以外にも
いろんな種類あるんよね・・・(4種類ぐらい・・・)

私も改めて 
手術前にもらった同意書確認したら
「下垂体腫瘍(非機能性下垂体線種)」
って 書いてあったわ・・・・

私の場合は 下垂体に2.5cmの腫瘍・・
大きいけど ホルモンの影響はさほどで無かった
って言ってもね
一時期やっぱり プロラクチンが 50以上あったから・・・・

でも今は正常値・・・・
最初は いろいろ心配したけどね
何か見つかったことによって
気をつけながら 生きていくのも
まぁいいっか~~~(面倒だけど・・・)
って 思えるようになってきました・・

機械だって 時間とともに あちこち悪くなるものね・・・・

悪いのに気が付かなくって 突然だめになるよりいいわ・・・って
最近思います・・・

今まで以上に 毎日楽しく 過ごしましょうね

投稿: sakko3 | 2008.11.17 22:03

NADESIKOさま

あんにょんnight
今回、本当に検査して良かったと思います。
長~く付き合わないといけない病気だけど、その分、他のところも気をつけることが出来るから、いいかな~って思います。

お互いいつまでも充実した日々を送りましょうねhappy01

投稿: mallow | 2008.11.17 23:28

エコさま

あんにょんnight
全然、大変じゃないですよ。
こうやって書くと大事のように思うのですが、私は、去年、お会いしたまま、元気ですよscissors

私より、エコさんの方が大変だったと思う。

お互い気をつけましょうね。

心配をかけてごめんなさいね。

投稿: mallow | 2008.11.17 23:33

sakko3さま

あんにょんnight
同じように腫瘍が出来ても種類が違うんですね。

私の場合は、成長ホルモンもやばいようなので、こっちが異常値になるとやっかいです。
うちの先生は、こっちの方が気になるみたい…

気をつけながら生きるのは、面倒だけど、気をつけた方が自己管理が出来るような気がするので、ある意味良かったのかな~って思います。

これからも楽しく過ごしましょうねnote

今回、色々とありがとうございました。
とても助かったことが多々ありました。

投稿: mallow | 2008.11.17 23:45

mallowちゃん

 romばかりでごめんね・・・入院中も ひとつも言葉をかけられなくて、不義理なアタシです・・・。
 ストレスは良くないんだね・・・実は 私も やばい?って思って 怖くて 先日の検診には 申し込まなかったんだ。 (多分 大丈夫とは思うけど)←これが 良くないんだよね。わかってるんだけどねぇ・・・

病名をしっかり教えてもらって 勉強になりました。 ホルモンで大事なんだね。

 カラダ 無理しないようにね・・と言ったところで まろうちゃんの性分だから じ~~としてられないんだろうな~~(笑)

 

投稿: ぴんく | 2008.11.19 23:55

やだ~~~ なんで???3回も・・・
 全然 コメしなかったから??(笑)
削除してください。。。ごめんね

投稿: ぴんく | 2008.11.19 23:57

ぴんくさま

あんにょんsun
最近、ココログ混み合ったりすることがあったりしてて、コメントが連続で入ることがあるかもしれない・・・
記事をアップする時もドキドキもんです。

いいのよ。ロムばっかりでも・・・
気にしないで・・・
私もそうだから・・・
なかなか言葉が見つからないこともあるしね。

検診って大事だよ・・・
最近、つくづく思う。

今は、会社に同じ科の先生が来てるので、何かあったら相談しています。
ちょっとおかしかったら すぐに採血されたりしています。

私、あんまり無理しないから大丈夫・・・
最近は、眠くなったら、すぐ寝てるし、
無理に動き回らないよ。

心配をかけてごめんね。

投稿: mallow | 2008.11.20 12:09

こんちわー。おちびです。48歳の男性です。29歳でプロラクチノーマと診断されました。当初、パーロデルという内服薬を飲んで腫瘍を小さくし、放射線で腫瘍を焼くという方針で治療が始まったのですが、パーロデルのアレルギーが出て、開頭手術を受けました。病歴を理由に結婚を断られたこともありましたが、35歳で理解者に恵まれ、無事結婚しました。双子の男児を授かり、幸せに暮らしています。

投稿: おちび | 2015.01.07 12:22

おちびです。プロラクチンの値は、一番多いときで8000だったそうです。ビックリ! 腫瘍もピンポン球くらいだったそうです。意識を失って倒れ、救急車で病院に搬送されたんです。生きててよかった!

投稿: おちび | 2015.01.08 09:15

4月から8月の5ヶ月入院しました。病室は楽しい患者さんばかりで、穏やかに過ごせました。看護師さん達も、「この病室、楽しくって、担当になるのが楽しみです」って言ってくれてました。
入院して1週間くらいは「何で自分ばっかりが・・・」と悩みましたが、その後は吹っ切れて、病気と立ち向かう覚悟が出来ました。何とかなるもんです。大丈夫! 今の医学は日進月歩ですから。

投稿: おちび | 2015.01.08 13:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 告知せず… | トップページ | 頼んでいたものが、届いた。 »