« 10/1 読売新聞の夕刊 | トップページ | キム・ジウン監督 釜山映画祭 レポ2 »

2008.10.06

キム・ジウン監督 釜山映画祭 レポ1部

ノムカフェでキム・ジウン監督が釜山映画祭での様子をアップされています。
ちょっと悲しい内容です。
悩んだのですが、ビョンホンファンの皆様には是非、読んで頂きたいと思ったので、お知らせします。

原文 こちら
翻訳 こちら
翻訳機にかけた内容は、とても読みずらいですが、だいたいのことは、理解出来ると思います。

なぜ、この記事をお知らせしたのか…
レポの中で「日本ファンが…」という言葉がいくつも出てくるんです。
監督は、文句を言いたくて書かれているわけでもないのですが、
同じ日本人ファンとして悲しく感じられました。


先程、アップした読売新聞夕刊のインタビューでビョンホンさんが日本ファンの応援する情熱に対して、
「僕にとって大きな力、という以上に生きていく上での力になっていると思っています。」
とおっしゃられています。

私は、ビョンホンさんが出没するところに日本ファン常にいることは、あまり好ましいことではないと思っていました。
でもビョンホンさんが「ありがたい…」って思うようならそれもいいんじゃないかと思うようにしました。
(これもまた、とても心の中で葛藤しています。)

でも、マナー違反は、良くないと思うんです。
ビョンホンさんを近くで見たい、触れたい…って気持ちはとてもわかります。
私の場合は、その場から動けず、後ろに下がってしまうと思いますが…

出待ち、入り待ちをしないで…とは、言いません。
出来れば、場をわきまえて、冷静な行動をして欲しいな~って思います。
私が偉そうにこういうことを言うのはおかしいかもしれませんが…



ジウン監督のレポの内容はとても面白くて…
言葉だけですが、その場の光景が目に浮かんできます。

トイレでたばこを吸ったり、みんなにマメにメールをしたり…
ビョンホンさんがGVに参加出来るようになって、嬉しそうだったり…

監督自身がとても釜山映画祭を楽しんでいるように思えます。

3年前の『甘い人生』の時は、GVも俳優が不参加だったから、ファンも少なくて…
今回は、大勢のファンとの交流が出来るから、楽しいんだと思います。

続きのレポも楽しみですね。



movie動画のお知らせ
10/3 釜山海雲台プリモスノムノムノム GV フォトタイム映像 こちら
(ジウン監督中心の映像です。)

釜山国際映画祭のハイライト 「ノムノムノム」がまた集る こちら

|

« 10/1 読売新聞の夕刊 | トップページ | キム・ジウン監督 釜山映画祭 レポ2 »

이병헌 출연영화&드라마(李炳憲 出演映画&ドラマ)」カテゴリの記事

コメント

mallowさん、こんばんはぁ。

監督レポ読みました。
なかなか、惹きつける文章をお書きになるようで。
しかも、マメな方ですよね。

私もビョンホンシに会いたい気持ちは同じですが
ファンとして、人としての、マナーは考えて欲しいです。
何かあったとき、一番悲しむのは、ビョンホンシ本人ですよね。
と、同じく、私がいうのもおかしいですが(^^;;

我が家も読売新聞で、週末は、読売で良かったって
初めて思いました(笑)

是非、mallowさんが、落ち着いたらに四条デートしましょうね!!
楽しみにしてます。

投稿: ゆっこ | 2008.10.06 22:54

ゆっこさま

あんにょん
お返事が遅くなってごめんなさい。

監督さんの最後のレポもあがってるんだけど、ゆっくり読む時間がなくて…

ゆっこさん、読売新聞で良かったですね~。

早く四条でデートしたいですねnote

入院日、早く決めて欲しいです。

投稿: mallow | 2008.10.13 00:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10/1 読売新聞の夕刊 | トップページ | キム・ジウン監督 釜山映画祭 レポ2 »