« とうとう出たね・・・ | トップページ | さんまさんが이병헌ルームに宿泊 »

2006.09.29

『국화꽃 향기-菊花の香り-』(2003年)

173528_kukhww600 久々に映画のレビューです。

原作は、韓国のみならず広くアジアでベストセラーとなり、
200万人以上の人々が泣いたキム・ハイン著「菊花の香り」(訳:宮本尚寛/PHP研究所刊)。
(原作と映画では、ちょっと内容(人物像)が違ったりするそうですね。)

韓国版「世界の中心で愛をさけぶ」といわれている作品だそうです。
愛する人の幸せが自分の幸せになり、苦しみが自分の苦しみになる。
その人なしでは生きられないほどの激しく切ない愛…。
そして、至福の愛で包んでくれた人を残して逝かなくてはならない身を切られるほどの哀しみ…。
限られた時間だからこそ、二人で過ごす一瞬が永遠に刻まれる。
自分ではなく、互いに愛する人のことだけを思いやる、深く切ない大人の純愛物語。

イナ(パク・ヘイル)のヒジェ(チャン・ジニョン)への一途な想い・・・
大学時代から兵役から戻ってからもずっと想っていて、その想いを聴取者からの葉書という形で毎週ラジオで流す…
DJの方の声のトーンとスピードがとてもよくてすごく想いが伝わってきます。

事故、不治の病・・っていつものパターンではありますが、
違和感なく、のんびりと穏やかな気持ちで観ることが出来ました。

チャン・ジニョンさん、『オーバー・ザ・レインボー』でも学生の役をやっておられるのですが、
今回は、前回とは違うように意識して演じられたそうです。
パク・ヘイルさん、良い俳優さんですよね。

『菊花の香り』日本公式HP

|

« とうとう出たね・・・ | トップページ | さんまさんが이병헌ルームに宿泊 »

한국 영화&드라마(韓国映画&ドラマ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« とうとう出たね・・・ | トップページ | さんまさんが이병헌ルームに宿泊 »