« 『클래식-ラブストーリー-』(2003年) | トップページ | 年に1度の乳癌検診に行ってきました »

2006.09.13

『태극기 휘날리며-ブラザーフット-』(2004年)

152536_postew600  朝鮮戦争に強制徴用されたジンテ(チャン・ドンゴン)とジンソク(ウォンビン)の兄弟は、最前線へと送り込まれることに。
この世で最も大切な弟を除隊させたいと願うジンテは、自分が戦場で成果をあげて勲章さえもらえば、弟を自由にできると知って必死の思いで危険な任務を遂行し続ける。
だがどんどん非情になっていくジンテを理解できないジンソク。やがて2人の間に大きな溝が…。
   兄弟のとてつもなく熱い愛情をベースにした作品だが、その愛情とは対称的な残酷な戦場描写が胸に重くのしかかる。
兵士の家族が死体に取りすがって泣く様、腹にウジ虫がわいていても何もできない惨い戦場の怪我人の様子。
戦争が長引いたために赤狩りが高じ、韓国内で同胞同士が殺し合う様。
これらの胸が痛むシーンと兄の愛のギャップが、余計に戦争の愚かさを拡大させる。


私自身、もともと、戦争ものや暴力的、残酷なものはとても苦手です。
最近、血が一杯の韓国映画に慣れたから大丈夫かな?って思いましたが、
やっぱりだめで、目を伏せてしまうシーンがたくさんありました。
正直、もう一度観たい・・・って思えなかったです。
良い映画だと思うのですが・・・

チャン・ドンゴンさんは、こういう映画はピッタリはまりますね。

|

« 『클래식-ラブストーリー-』(2003年) | トップページ | 年に1度の乳癌検診に行ってきました »

한국 영화&드라마(韓国映画&ドラマ)」カテゴリの記事

コメント

mallowちゃん、辛過ぎますね!この映画は・・・
でも、直視しなければけない現実。地球のどこかで今まさに繰り広げられてる事実。人間の愛の深さと愚かさが胸に迫ります!
私もDVDで見たのですが、声を上げて泣いてしまいました。兄が狂気に変貌し弟すら分からなくなった時の哀しさは言葉に出来ないくらいのものでした。
ドンゴンssiはこういう役柄はあっていると思います。ウォンビン君も上手いですね!故イ・ウンジュさんも・・・
韓国の現実が背景となってるだけに真実味が違いますね!「タイフーン」よりもずっと良かったと思います。

投稿: nadesiko | 2006.09.13 09:18

韓国映画はまってますのぉ^^
おいらはあんまり好きになれなかったな。
弟を守る兄に同情できなかったの。
上手く書けないので、TBさせてもらいます^^;

投稿: うりうり | 2006.09.13 18:21

mallowさん昨日は有難うございました。

初級が終わるとすぐに中級に入りますのでハングルの

先生に聞けなくて!私はビョンホンシの映画やDVDを

見ますが他のはあまり見ませんたまたま知人に誘われて

行き涙が止まらず終わったら目は腫れ上がりそのままでは

帰れなくサングラスを持っていたのをして帰った記憶が

有ります。ビョンホンシもエキストラででていたように

聞きましたが後に探そうと思ってDVDを借りて見ましたが

分かりませんでした。

投稿: yuika | 2006.09.13 21:38

nadesikoさま

映画の内容は素晴らしいと思うんですよね。
本当に辛すぎて・・・
今の若い子たちには観てもらいたい映画ですね。

投稿: mallow | 2006.09.14 12:01

うりうりさま

はい、韓国映画にはまってるのよ。
今まで観なかった反動が来てるんだと思う。
まだまだ、続くよ・・・

投稿: mallow | 2006.09.14 12:02

yuikaさま


もう中級なんてすごいですね。

私も映画館で観たらまた違った感情が出来たのかもしれません。

投稿: mallow | 2006.09.14 12:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『클래식-ラブストーリー-』(2003年) | トップページ | 年に1度の乳癌検診に行ってきました »