« 年末年始は、ビョンホン三昧です! | トップページ | 第4回 大韓民国映画大賞 »

2005.12.04

『親切なクムジャさん』観ました

kumujasan_wall02_1280先週の土曜日にゆうん~さんと一緒に
『親切なクムジャさん』を観てきました。

公式サイトはこちら

実は、8月にソウルに行ったときにお友達から「観ますか?」と誘われたのですが、遅い時間だったので辞めました。
この映画を字幕なしで観るにはちょっと無理かもしれません。
登場人物も多いし、説明のナレーションがあったりするので、やっぱ字幕が必要です。
ちょっと嬉しかった事…。
字幕を観てるのですが、今何を言ったか分かった時がありました。
これがどんどん増えると嬉しいのですが、まだまだ時間がかかりそうです。


復讐三部作完結編…
『オールドボーイ』『復讐に憐れみを』を観たことないので、「観とけば良かったかも」って思いました。
私にとっては、難しい映画でしたね。
ビョンホンさんが仰られているように
強い余韻を残す素晴しい作品」だと思います。
でも、何度も観れる映画ではないですね。
『甘い人生』とは違うのです。
ビョンホンファンでない方からにしたら一緒やんって言われると思います。(笑)


ビョンホンさんと共演された方もいらっしゃいました。
『遠い路』のお父さん役をされたナム・イルさん
『甘い人生』の密売人役のオ・ダルスさん


韓国映画は、血が好きですね。「また、出た~」って思いましたから…。

|

« 年末年始は、ビョンホン三昧です! | トップページ | 第4回 大韓民国映画大賞 »

한국 영화&드라마(韓国映画&ドラマ)」カテゴリの記事

コメント

おいらも昨日観てきました。
見ごたえのある1作だったなぁ。
まさにビョンホンニムの言葉を拝借して
「強い余韻を残す素晴しい作品」。
お時間ある時に他の2作品も見てちょ。
「スリーモンスター」でも思ったけど
やっぱりチャヌクはすごい。

投稿: うりうり | 2005.12.04 02:30

こんばんはー。
すっかり寒くなっちゃいましたね。

ほんと、字幕がなかったらゼッタイ無理だわ。
それにしても贅沢なキャスティング、確かに余韻の残る
作品でしたね。
いずれまた見れるであろうビョんホンssi&パク・チャヌク
監督コンビの作品が楽しみ~♪
って、かなーり気が早いけど・・・。


投稿: ゆうん~ | 2005.12.04 20:24

おひさしぶりです。
話の内容から、すっかり外れますが。。。
左上のビョンホンさんの写真、凄っくステキです。(*^。^*)
角度のせいか、色のせいか。。。?分かりませんが。。。
左目の下瞼のところが、ちょっとほくろのように、見えます。
ほくろではないんですが、しみのようでシミでなく。。。
DVDを見ても、見えるときと見えないときがあり。。。ましてや、写真ではほとんど無いんです。
それが!!ボケは好きなのです。変ですよね。
分かってます。ほくろフェチです。(^^♪
お持ち帰り、したいけど、できな~い(ToT)/~~~
すみません、変な事言って。。。落ち込む~~~
変な人と思ったら、削除してください。

投稿: ボケ | 2005.12.04 20:42

うりうりさま

私もパク・チャヌクはすごいと思います。
あとの2作品は、年末に見ようと思います。

投稿: mallow | 2005.12.04 23:29

ゆうん~さま

ホントすっかり寒くなりました。

ビョンホンssiとパク・チャヌク監督との共演、本当に楽しみにしています。
いつになることやら…です。

投稿: mallow | 2005.12.04 23:30

ボケさま

ビョンホンさんってほくろあると思いますよ。
写真はきっと綺麗に修正してあるんだと思います。
この写真素敵でしょ。
去年出た雑誌『もっと知りたい!韓国TVドラマ Vol.4 「オールイン」徹底解剖』の写真なのです。
私は、この表紙に惹かれて買っちゃいました。

投稿: mallow | 2005.12.04 23:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85973/7453316

この記事へのトラックバック一覧です: 『親切なクムジャさん』観ました:

» 映画「親切なクムジャさん」パク・チャヌク/監督 [スチャラカランナーの日々]
 親切なクムジャさん観てきました。  監督は「JSA」「オールドボーイ」の監督も努めたパク・チャヌク監督。  ストーリーは、親切で天使のようだといわれた女囚クムジャさんが13年の刑期を終えて出所した。しかしその親切さの裏には綿密な計略があり・・・、という話です。  予告編しか予備知識は例によってなかったわけですが、単純な復讐譚かとおもっていましたが、親切の裏側を描き復讐を描くだけ�... [続きを読む]

受信: 2005.12.04 23:04

« 年末年始は、ビョンホン三昧です! | トップページ | 第4回 大韓民国映画大賞 »