トップページ | 2005年5月 »

2005年2月

2005.02.27

「甘い人生」&「バンジージャンプ」の前売券ゲットしました。

Untitled2昨日、やっと「甘い人生」と「バンジージャンプ」の前売券ゲットしました。「甘い人生」はポストカード、「バンジージャンプ」はブックマーク(しおり)も頂いてきちゃいました。とっても待ち遠しいです。

「バンジージャンプ」のDVDも観ちゃいました。イ・ウンジュさんの事がショックで観ることが出来ない…なんて思っていましたが、観てみるととても温かい気持ちになれました。そして、「イ・ソラのプロポーズ」に二人一緒に出演されている映像はとてもほのぼのしてきました。ウンジュさんは「ビョンホンオッパが…」と親しげにコメントされているのがとていいですね。二人の演技を大スクリーンで観ることが出来るので嬉しいです。楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美しき日々 第19話 「崩壊」

Untitled1久々にさかまつげかどうかわかりませんが、左目がずっと痛くて…。
放送中ずっと泣いておりました… とは、いっても第19話も泣けるシーンがたくさんあります。
最近、副音声で観ておりますので、ミンチョルの表情に集中できるので、感情移入が出来るで、ひとつひとつの表情に敏感に反応してしまいます。何度も観ていて完璧(?)なはずなのに見逃している表情があったりして得した気分になったりします。
私は、結構、第19話はミンチョルの好きな表情がたくさんありますね。
ビクトリーが閉店しているところを道の反対側で会社を眺めているミンチョル、電車で窓を眺めているミンチョル、アボジの変わり果てた姿を涙するミンチョル、疲れきったミンチョルは、ヨンスの姿を求めて会ってしまい、ウルウルしているミンチョル、企画書に目を通しながらりんごを食べるミンチョル、アボジが行方不明になった時にヨンスが現れ怒ってしまうミンチョル(怒った後姿もとっても好きです。)ミンチョルのプライドから怒りが出てしまったんですよね。きっと…。 

昨日は、あっという間の1時間でした。久々に「もう終わり…」なんて思ってしまいました。もっとミンチョルを観たかったよ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.25

フラワーアレンジメントを初めて、早10年…

_080フラワーアレンジメントを初めて、早10年になりました。

なかなか上達しないですね。
「そろそろ気合をいれて頑張らないと」とは思っているのですが、
私にはセンスがないのではないかといつも思ったりもしています。

たまに友達の結婚式にブーケを作ったり、
お祝い事にアレンジしたものをあげたりしています。
実は、プロフィールの写真は、
去年、友達の結婚式でお祝いに渡したブーケです。

さて、今回は、ももの季節にちなんでアレンジをしました。
来週は、ひなまつりですね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「バンジージャンプする」やっと前売券発売

W200102062050286151420p 今日一日、「バンジージャンプする」のOSTを聴いてました。
まだ、DVDを観る気にはなかなかなれなくて・・・
ウンジュさんとビョンホンさんの会話を聴くと韓国語がわからないけど
何を言っているかわかるような気がしました。

私の地域では、5月に「バンジージャンプする」が公開されます。
やっと前売券が26日(土)より発売になります。
先着・限定で、<特製ブックマーク>をプレゼント…となっております。
限定っていくつ?ですよね。早くしないとなくなるかしら…。
きっと26日(土)に買いに行っていると思います。

上映とても楽しみにしております。
ウンジュさんもこの映画が好きだったそうです。

ビョンホンさんにとって「バンジージャンプする」は、
私の俳優としてのエポックメイキングになった作品だそうです。
「エポックメイキングとは?
誕生日や記念日等の特別な日に「運命」みたいなものを感じる心理だそうです。」
(この内容は、公式のmainbbsに書き込まれていたのを抜粋しました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.24

イ・ウンジュさん安らかにお眠りください

今朝の7時にイ・ウンジュさんの葬儀が営まれたそうです。
ビョンホンさんの辛い表情がとても痛々しいです。
棺の安置場所で2時間写真を眺めておられたそうです。
ある写真で、一点を見つめ放心状態のようなビョンホンさんの姿を見ました。
ビョンホンさんの胸中を察しこちらも本当に心が痛みます。
ファンの私でも辛いのにビョンホンさんはもっとお辛いでしょうね…。
早く立ち直って欲しいと思います。

イ・ウンジュさんの遺骨も納骨堂に安置されたそうです。
天国では苦しまずに楽しく過ごして欲しいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005.02.22

哀悼 イ・ウンジュさん

bunjijeopu家に帰って、一息をついてPCを立ち上げ、サイト探索していたら「イ・ウンジュさん自殺」という記事を発見…
最初、なんだか訳がわからず、信じられず…
とてもショックで言葉も出ませんでした。

2月22日は、ビョンホンシと共演した「バンジージャンプ」で交通事故で亡くなった日と同じだそうです。

日本での「バンジージャンプ」公開をとても楽しみにしていました。
まだまだこれからの女優さんなのに・・・

辛さをしのぐのに死を選ぶのではなく、もっと他のものにぶつけれたら、なんて思います。

ご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.02.20

韓国語講座に通ってます。

韓流ブームで韓国ドラマ、映画、本、インタビュー、HP等々
色んなところでハングルを目にすることになりました。
読めたり、聴けたり、話せるようになりたいという思いで、
独学で勉強しようとしたが、時間を取って勉強する気には、なかなかなれず…
お金がかかってもいいから学校に行こうと決めました。
ネットで私にあった韓国語講座を見つけ、すぐに申し込みました。
そこはマンツーマンのみで月謝制ですが、時間は自由に決める事が出来、とてもありがたいです。
先生は、韓国人。とてもわかりやすく教えていただいております。
マンツーマンだと私のレベルで進むことが出来ますが、
サボることが出来ないので大変です。
その分、一生懸命になって覚えるので良いことだと思います。

GWには韓国にプチ留学でもしようかと考え中です。
日本ではなかなか進歩しないので現地に行って、体験するのもいいかな?と思います。

韓国語の勉強はとても楽しくやっています。
文字の組み合わせがとても面白いと思います。
会社のパソコンもこっそり、韓国語を打てるように設定し、仕事の合間に入力したりしています。
まだまだこれから、頑張っていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「甘い人生」公開記念 韓流特集 イ・ビョンホンのすべて

Untitled7最新作の4月23日「甘い人生」の公開を記念し、
『イ・ビョンホンのすべて』と題して、
ビョンホンシの映画が3本上映。
3週続けてビョンホンシの映画が観れるなんて夢のようです。
私は、きっと毎週映画館通っちゃいます。
やはり、スクリーンで観るのが一番です。
早く「甘い人生」も観たいです。

●上映作品
 3/5(土)~11(金)「JSA」
 3/12(土)~18(金)「純愛中毒」
 3/19(土)~25(金)「誰にでも秘密がある」
●上演時間 13時から
●劇場
TOHOシネマズ高槻
http://www.tohocinemas.co.jp/news/topics.html#amai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美しき日々 第18話「苦悩」

Untitled3今回は、最初のソンジェがお母さんに「一緒に行こう」と言っているシーンのミンチョルの表情から
最後の空港でのシーンまで、泣きっぱなしでした。

今は、吹き替えでは、どうしても観れなくなってしまっているので、副音声で観ております。
(高橋和也さんには本当に申し訳ありません。)
韓国語はまだまだわからないので何と言っているかわかりませんが、
何度も繰り返しDVDを観たのでセリフはだいたい頭の中に入っています。
そのため、ミンチョルの表情に集中出来、ミンチョルの一つ一つのシーンでの表情が胸に突き刺さります。
今までにはないミンチョルを感じることが出来て嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出会い

最初は、やはり「冬のソナタ」を観始めて、すっかり韓国ドラマにはまってしまいました。

去年の7月にBS2での「美しき日々」集中放送をチェ・ジウ観たさに観ていたら、
いつの間にかミンチョル(イ・ビョンホン)の虜になっていました。
当時、辛いことがあって、癒してくれたのは、ミンチョルでした。
それからイ・ビョンホン抜きでは生活が出来ない日々が始まりました。

前にも書いたのですが、イ・ビョンホンさんとの最初の出会いは、「JSA」でした。
その時は、イ・ビョンホンさんの存在すら全く覚えてない状態で、今思うととても残念です。
雑誌でも何度か拝見させて頂いていたのですが、
残念なことに全く興味がなくそのページはサラリとめくっていました。

実は、イ・ビョンホンさんは、私のタイプではないのですが、彼の演技がとても心に響いてしまったんですね。
今では、すっかりビョンホンさんに染まっております。
彼は、「千の顔を持つ」と評され、作品ごとにまったく異なる人物を演じています。
ファンとしては、色んなビョンホンさんと出会うことが出来てとても嬉しく思います。
たまに、イ・ビョンホンの存在を忘れそうになる時があります。私自身、役柄に入り込んでしまっているので。

イ・ビョンホンさんに出会えて、人に感謝する気持ち、人を大切にする気持ちを改めて教えて頂き来ました。
私はこれから周りにいる人々を大切にしていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最初の韓流ブーム

実は、5年程も前に1度、私自身の韓流ブームがありました。(2000~2002年)
初めて韓国映画「シュリ」を観て、南北問題に興味を持ち、韓国という国はどんな国なんだろう…と考える機会となりました。
「JSA」もとても興味深く観させて頂きました。(この頃に、イ・ビョンホンさんと出会っているのに存在は全くなく…。
俳優の興味より映画の内容にとても興味がありました。)

まあ、取りあえず韓国という国は、どんな国かを見てみたいと思い、友人とソウルへ行きました。
本当は「板門店」に行きたかったのですが、ガイドさんがあまりいい顔をしなかったので諦めました。
キムチと石焼ビビンバとゆず茶がとても美味しくて「また行きたい」という気持ちになりましたね。
釜山にも行きましたが、リゾート地ですね。海は綺麗でした。
毎年、韓国旅行と考えていましたが、
他のものに興味を持ち始め、一旦、ブームは終わってしまいました…。
あの頃は、日本人観光客もとっても少なかったですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめまして

はじめまして、mallowといいます。

ある日突然、韓国俳優 イ・ビョンホンさんのファンになって、すっかり韓流ブームに乗ってしまいました。
色々と自分自身、記録として残したいと思い、こういう場を設けさせて頂きました。
韓国以外のことも書き込ませて頂きたいと思っております。
よろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年5月 »